×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BLOG

このページについて

ツイットするには長すぎる独り言をひたすら書いていくページです。

元々Blogとしてやっていたんですが、トラバックしようにもトラバックする相手が居ないし、コメントはツイットとWeb拍手で充分だしでメリット無くなってきたので、昔ながらのHTML手打ちに戻しました。

以前の記事は、ミハ缶ブログに残してあります。

最近の独り言

:諸行無常

「空缶文庫」を初めてアップロードしたのは、2003年の夏でした。
その頃は、田舎ではまだまだ自宅にネット回線が通っていないというのも珍しくなく、また、ウェブ上で情報を発信するためには、掲示板やチャットに書き込むといった方法を除けば、専門的な知識が必要だったり特殊なソフトが必要な時代でした。
私は、特殊なソフトを買うお金が無かったので、独学でHTMLを覚えて、「空缶文庫」を立ち上げました。
専用のソフトを使って作ったものと比べるとかなり見劣りするものでしたが、それでも、自分専用のサイトを持っているということは、自分でサイトを管理運営しているというのは、一種のステータスでもありました。

そのようなWeb封建社会に革命の炎を灯したのが、Blogでした。
Blogを使うことで、HTMLの知識を持たない人でも気軽に情報発信することができるようになりました。
またBlogには、トラバックやRSS、コメント欄など、従来のウェブサイト(ホームページ)には無い便利な機能が付いていました。
多くの個人サイトが閉鎖され、ブログへと移行していきました。

その後、数多くのSNSや投稿サイトが生まれました。仲間内での会話を楽しみたい人々は、mixiやTwitter、Facebookなどへ、自身の作品を誇示したい人々はYouTubeやニコニコ動画、Pixivなどへ、それぞれ移住していきました。
もはや、Blogにコメントする人も、トラバックする人も、居なくなりました。
かつて、多くの個人サイトがBlogの台頭と共に消えていったのと同じように、数多くのBlogが密かに消えていきました。

さて、Blogは時系列順で記事が表示されるので、文字通り日記などには大変向いたシステムでした。ある日は旅行記を書き、またある日はなんか思ったことを長々と書き綴ったり、ふと思いついたように書いた小説をアップする……なんてこともできました。
しかし、今やそれが難しくなってしまいました。
Twitterは一度に書ける文書の長さに制限がありますし、旅行記なんかだとリアルタイムが前提です。その他の投稿サイトは、それぞれ動画なりイラストなり小説なり専用で、私みたいな広く浅く色々な趣味を持っている人間からすると、ちょっと困ってしまいます。
Blogのコメント欄やトラバックが過去のように機能してくれていればいいんですが、それも望めない今日このごろ。
もう、昔ながらのタグ手打ちに原点回帰するしかないじゃない!(何

そんな訳で、ご覧の通り回帰してきました。ただいま!
以前は出来合いのテンプレートとか使っていましたが、今回は久々に一から自分で手打ちしました。
もう、デザインとか気にせずにシンプルな構成にしたので、メンテナンス性がアップしている……ハズです。

今後は、少しは更新しようと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。